head_img
HOME > ホーム
    ページ内リンク
  1. @大学紹介MOVIE
  2. A学長メッセージ
  3. B奈良教育大学の3つの柱
  4. Cアドミッションポリシー(学部)
  5. Dアドミッションポリシー(修士課程と専門職学位課程)
  6. E学部入試案内動画
  7. F大学院入試案内動画

 大学紹介MOVIE


 学長メッセージ

実践を重視し「自ら学び続ける」次世代教師を育てます

photo

  明日の社会の担い手である子どもたち、そんな子どもたちに学ぶ喜びを伝える、子どもたちの学びを支援する、そして、子どもたちの成長を見とどけ、いっしょに泣いて笑って、自らも人として成長する、そんな教師の道を歩もうとする人が集い、いっしょになって学び合う、それが、奈良教育大学です。
  本学は、1888年(明治21年)に設置された奈良県尋常師範学校を起源とし、130年の長きにわたって、奈良県をはじめとする教員の養成に大きな役割を果たしてきました。次世代の教員に求められる、教科内容についての確かな理解と指導力、子どもたちの成長や発達に関する確かな知識と個々の問題への洞察をふまえた実践的力量、学校経営についての企画力やコミュニケーション力など、確かな教師力、豊かな人間力を自らのものとする学びがみなさんを待っています。
  真摯に学問に取り組み、グローバルな視点をもって世界へ目を見開き、幅広い教養に裏打ちされた人間性豊かな次世代教員を志す皆さんの入学を、心からお待ちしています。

奈良教育大学学長 加藤久雄


 

 奈良教育大学の3つの柱

point01

 1.人・環境・文化遺産との対話
     を通した教育の追究

 本学は、古都・奈良の中心に位置し、豊かな自然や世界遺産を含む多くの伝統文化遺産に囲まれています。また、奈良国立博物館・奈良文化財研究所との連携によって、奈良で学ぶ喜びを実感しながら、感性を磨くことができます。
 このような恵まれた環境の中、全学生数が約1000名という特長を生かし、アクティブ・ラーニングを重視した対話型の授業や、研究室ゼミでの丁寧な指導により、学問・芸術・スポーツ等を深く追究します。
人と対話し、環境や世界遺産と対話することを通して、確かな学力を基盤とするコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力など、教員として必要な資質・能力を着実に身に付けることができます。

point02

 2.持続可能な社会づくりに貢献
     できる教員の養成

 本学は、附属学校園とともにユネスコスクールに認定されています。また、「持続可能な開発のための教育」(ESD:Education for Sustainable Development)の推進拠点として研究を重ねています。
 これからの学校教育は、すべての校種・教科等において、「持続可能な社会づくりの担い手」を育成することが求められます。本学では、環境、文化、平和、人権等、ESDの対象となる様々な課題に対応できるカリキュラムを用意し、教員を目指す全学生がESDについての知識、指導方法を身に付けることができるよう取り組んでいます。
このような教育を通し、「持続可能な開発目標」(SDGs:Sustainable Development Goals)の実現を目指す大学として、地域や社会へ貢献しています。

point03

 3.教員養成と教員研修の融合

 本学は、「教員養成」と「現職教員研修」を大きな責務としています。教員養成では、実習を含む大学の授業やスクールサポートなどの自主的体験活動が中心となります。教員研修では、本学教員が現職教員へ最新の知見を提供し、アドバイスを行っています。
 さらに、本学学生が現職教員研修に参加することや、本学教員が地域の学校や子供との関わりから得た知見を大学の授業に提供することを通し、「教員養成」と「教員研修」の融合を図っています。
この取組は全国的にも高く評価され、大学在学時から教員就職後まで、一貫した実践的指導力と研究遂行能力の育成を行っています。




 アドミッションポリシー(学部)

 

 奈良教育大学は、未来を担う子どもの育ちを支援し、学ぶ喜びを伝え、自らも人として成長したいという学生が集い、互いに学び合う場です。また、世界遺産をはじめ、数多くの貴重な文化財や豊かな自然に恵まれた環境のもと、小規模大学ならではのメリットを生かして、深い学びを実現します。
 教員を目指し、ともに学ぶ仲間として、奈良教育大学教育学部では、次のような意欲と能力をもつ学生を求めます。

@ 子どもの成長と発達に寄り添い関わっていく意欲をもつ人
A 教育を通じてよりよい社会を築いていく意欲をもつ人
B 文化、科学、芸術に魅力を感じ、その価値を子どもに伝えるための思考力と表現力を磨きつづける意欲をもつ人
C 他者の意見や気持ちを受けとめ、自分の意見や思いを表現し、他者と協働しながら課題の解決に立ち向かうこと ができる人
D 教育学部で主体的に学ぶために必要な基礎的学力や技能をもつ人



 アドミッションポリシー(修士課程と専門職学位課程)

 

教育学研究科の特徴

広く教育関係諸科学を研究し、教育実践に関する科学的研究を深めることによって、豊かな人間性と高度な専門的教養を備え、教育の理論と実践に関する優れた能力を有する高度専門職業人としての教員を養成します。そのことを通して、奈良県および近隣地域における、高度な力量を持った教員の養成において中心的役割を果たしていきます。

修士課程

修士課程においては、学士課程や教育現場で培った学力・能力に加え、次の目的を持つ人を求めます。
 教育学部・他学部出身者、現職教員、及び外国人留学生
 学校教育・人間発達または教科教育に関する諸科学に関心を持ち、理論や専門的知識、実践的教育方法について学習・研究を行いたいという目的を持つ人


専門職学位課程

専門職学位課程においては、学士課程や教育現場で培った学力・能力に加え、次の目的を持つ人を求めます。

学部・大学院出身者
 授業・学習指導方法開発、生徒指導・教育相談、特別支援教育に関心があり、より実践的な専門性を培い、教職に関する高度な実践力を身につけたいという目的を持つ人


現職教員
 学級・学校経営や教育行政、授業・学習指導方法開発、生徒指導・教育相談、特別支援教育における様々な課題を解決するために、より高度な実践力を身に付け、学校や地域において指導的役割を果たしたいという目的を持つ人



 学部入試案内動画

8月中旬頃公開



 大学院入試案内動画


 

ページトップに戻る